NPO法人 がんばれ農業人 「新しいくらし」
  • 「概要」へ
  • 「イベント」へ
  • 「申込フォーム」へ
  • 「連載」へ
  • 「情報コーナー」へ
  • 「メルマガ登録」へ
  • 「アーカイブス」へ
  • 「リンク」へ

「ヤッテルヨ!!」

2016年3月20日 更新

     

火曜日・土曜日の作業の様子を簡単に報告します。

     

毎週こんなことをやっていますよ!






2016年3月29日(火)晴れ 参加者:16名 報告者:M.N

3月はいろいろな行事があり皆さんお忙しいようで、畑の参加者がやや少なめです。作業の種類・量ともに結構あるので良い汗をかきます。休憩時間、終了後は充実感でいっぱいになりました。

昨夜、所沢の柳瀬地区では直径1cmくらいの雹が降りましたが、農作物への影響が心配です。トコトコ農園あたりは雨しか降らなかったようで、被害はありませんでした。良い塩梅に土が湿り、種まきには最高です。

畝づくり: 女性パワー炸裂! てきぱきと作業をこなします。

記事関連の写真


種まき: エダマメ、ホウレンソウ、チンゲンサイ、コマツナ。

記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真


名札板: 打ち込みも腰が入っています。

記事関連の写真


ネギ移植: 石倉ネギをおてがるネギ側に移しました。

記事関連の写真
記事関連の写真


元肥散布: 力が入り、なかなか腕の痛みが抜けません。

記事関連の写真
記事関連の写真


育苗トレイ: 水遣りと日光当て。

記事関連の写真


収穫: 菜花、椎茸、ワケギ。

記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真


2016年3月26日(土)ほぼ晴れ 報告者:C.T 撮影協力:T.T

ようやく桜も開花し、春めいてまいりました! ただ、まだ風は冷たく感じます。
今日は、作業内容が多くチームに分かれてリーダーも決め、作業開始!

1 トウモロコシ 種蒔き
ハニーバンダムという品種。勢い余って一畝多く、4畝作りました。

記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真


2 枝豆 1畝 種蒔き
少ないメンバーでも、あっという間に作業完了!

記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真


3 イチゴ 黒マルチ張り
雑草を取り、マルチを張ってイチゴの場所はここかな?と思うところにカッターでマルチを裂いてイチゴの葉を出します。
合計6畝の作業。畝の幅を変更するところもあり、作業は大変でしたね!

記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真


4 キャベツ、スイカ、ゴーヤの育苗の種蒔き
前に残った分のキャベツの種をセルトレイに蒔きました。スイカとゴーヤはポットに蒔き、育苗室に置きました。

記事関連の写真


5 第3農園の小屋の中と外の資材を第1.2農園に移動
ホコリまみれになりながら懸命に作業中!

記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真


6 収穫
歓談しながらワケギとり。

記事関連の写真


伸びが良い、元気いっぱいな小松菜。

記事関連の写真


シイタケ 水やりも欠かせません。

記事関連の写真
記事関連の写真


キャベツは終了! ごちそうさまでした。

記事関連の写真
記事関連の写真


たくさんの作業お疲れ様でした!



2016年3月22日(火)晴れ 参加者:14名 報告者:M.N

今日は、作業がいろいろあって同時並行で分担して進めました。取材班はあちらこちらへ移動しながらの撮影です。

第1農園。
芽キャベツを収穫し、3畝を整備してトウモロコシの種まき

記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真


ゴボウ、イチゴのトンネルはずしと雑草取り。イチゴの花も。

記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真


3/15に蒔いたニンジン畝の保水用新聞紙の上から水遣り。

記事関連の写真
記事関連の写真


アネックス畑に、山芋用に幅、深さ30cm 長さ10mの畝を3本整備しました。
どういうわけか今日一番の力仕事に女性3人とかよわき男1人が取り組みました。

記事関連の写真
記事関連の写真


育苗室の種まき済ポットを取り出し、水遣り。

記事関連の写真
記事関連の写真


第2農園。
花盛りです。

記事関連の写真


りっぱな椎茸がどんどん成長して、採り頃を迎えています。1人あたり毎回4〜5個配分され、とても好評です。

記事関連の写真
記事関連の写真


収穫: 芽キャベツ、コマツナ、ワケギ、こぶりなキャベツ、椎茸。

記事関連の写真
記事関連の写真


撤去することになった落ち葉堆肥。
落ち葉の2年目の層(下層)は、十分使える堆肥になっていて、カブトムシの幼虫がいっぱい出てきました。

記事関連の写真
記事関連の写真


休憩時には、尾道の大きな「バンペイカン(晩白柑)」(ザボンの1種)が、汗をかいた後の疲労を癒してくれました。Iさん、差し入れありがとうございました。

記事関連の写真


2016年3月19日(土)雨 報告者:T.T 撮影協力:C.T

本日は、朝の時点であいにくの雨(11.6℃)。その後も降り続ける予報だったため、収穫を中心とした早めの切り上げとなりました。

記事関連の写真


カボチャの苗を育てるために、60粒ほどの種を培養土を詰めたポットに播きます。それらを育苗室で育て発芽を待ちます。順調にいけば、10日ほどで発芽するようです。

記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真


続いては、収穫です。
芽キャベツは、これで最後です。収穫後、畝の半分を引き抜いて、火曜Gに託します。

記事関連の写真


閑散期でも元気なのは、ワケギです。根(株)を残して切ってやれば、まだまだ収穫できます。

記事関連の写真


小松菜もいいサイズなので、収穫です。
後日談ですが、当初の計画では、つぼみが出るまでもう少し育てて、"菜花(なばな)"として収穫する予定だったのですが、勢い余って収穫してしまいました・・・。

記事関連の写真
記事関連の写真


本日の収穫は、ワケギ・小松菜・芽キャベツ・干してあったシイタケ。

記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真


今日は、早めに作業を切り上げて、終了。その後も雨は強まる一方で、この判断は正しかったようですね。それでは、また来週。



2016年3月15日(火)晴れ 報告者:H.K

昨日までの雨が上がってよいお天気になりました。少し寒く感じます。
車が泥濘にはまり、何人かがかりで脱出させましたが、そんな場面からスタートしました。

第2農園にて、ジャガイモに霜除けの寒冷紗を掛けました。霜害は4月上旬まであり得ますが、ジャガイモの新芽が出たところでやられると枯れます。枯れてもまた新しい芽を出しますが、決してよいことではありません。

記事関連の写真
記事関連の写真


第2農園に出向いたついでに、キャベツとシイタケの収穫。

記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真


これはミョウガの根っこです。引っ越しのため、ミョウガを全部掘り上げました。

記事関連の写真
記事関連の写真



第1農園では種蒔き。
キャベツと伏見甘長トウガラシ(万願寺トウガラシのことですね)をポット蒔きしました。まだ寒いので直播はできません。育苗室で育てます。乾燥しないように、当分の間、毎日交代で誰かしら水遣りに畑にやって来ます。

記事関連の写真


こちらはニンジンの種蒔き。ニンジンは直播OK。
土曜日グループが1畝作りましたが、それを真似て作ります。なかなか綺麗に仕上がりません。防湿用の新聞紙が風に舞ってしまい、困りました。

記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真


こちらはエダマメの種蒔き。保温と霜対策のため、ネット掛けをしました。

記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真



これは何でしょうか? ヤマイモの種芋です。左は今年の秋に収穫を目指す種芋。右は来年の収穫を目指すために育てるムカゴ(孫みたいなもの)です。

記事関連の写真
記事関連の写真


一人で黙々とコマツナを収穫。ご苦労さまでした。食べ頃サイズのとっても美味しいコマツナでした。

記事関連の写真
記事関連の写真



Mさんが2月一杯で退会されることになり、ご夫妻で挨拶にみえられました。70歳を超えてもまだまだすることがたくさんあって、大変ご多忙な様子でした。お元気でエンジョイしてくださいね。



2016年3月13日(土)曇り 報告者:T.T 撮影協力:C.T、K.I

今日の所沢は、朝9:00の時点で、3.4℃と気温が低く天気も曇り。冬に逆戻りしたかのような寒さで、ストーブの周りには、自然と人が集まる状態でした。

最初の作業は、種蒔きです。ニンジン(1畝)・レタス(2畝)・エンドウ豆(1畝)の種を畑に植えつけます。まずは鶏糞を撒いて畝を成形します。そのあとにビニールマルチを敷いて準備万端です。

記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真


エンドウ豆・ニンジン・レタスの種蒔きです。全員総出で中腰がきつそうです。

記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真


レタスは、タケノコレタス、別名ロメインレタスという変わった品種ですね。白菜のようですが、果たしてどんな味なのでしょうか?

記事関連の写真


ニンジンには、新聞紙と不織布でフタをして、乾燥から守ります。

記事関連の写真


きれいに仕上がりました。

記事関連の写真


セルトレイにカリフラワー、キャベツの種を植えつけます。育苗室で、ある程度の大きさになるまで育てます。

記事関連の写真


小松菜・芽キャベツ・キャベツの収穫です。やや虫に食べられていましたが、それも無農薬の醍醐味。美味しい証拠・・・・? だと思います。

記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真


最後は、重労働。たびたび、雨が降ってはぬかるんでいた通路を木板で固めます。溝になって車が入れないことが多かったですが、これで解決してくれることを祈ります。

記事関連の写真
記事関連の写真


休憩です。新たにメンバーとなった方々を中心に会話が弾みました。

記事関連の写真


今日の収穫は、キャベツ・芽キャベツ・小松菜です。小屋で干してたシイタケの配分もありました。

来週には桜が開花しているかな? まだかな?
春が待ち遠しいトコトコでした。また来週。



2016年3月8日(火)雨上がりの快晴 参加者:17名 報告者:M.N

暖かくて土もたっぷり雨水を吸ったので、雑草も元気を出しています。作業靴を忘れてきた人が、小屋周りの雑草取りに専念していました。私も時々経験していますが、普通の靴では泥が入ったりして洗うのが大変です。

第1農園 畝づくり
始めのうち1〜2畝の作業には手間取りましたが、5〜6畝やるころには発する言葉もなく集中し、手際よく10畝をほぼ1時間で終了。

記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真


新規に広がった80坪を耕起し、2畝にジャガイモ(キタアカリとメークイン)を植え付けました。
このジャガイモは、地域社会貢献活動に使用する計画です。

記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真


前夜の雨で土が重く、鍬作業で汗びっしょりになり、さすがに次の作業に移る気力がなくなり、早めの休憩となりました。

2月で退会したUさんから、自家製べったら漬の差し入れがありました。Uさん、ありがとうございました。お世話になりました。

第2農園 椎茸とキャベツの収穫。
雨のめぐみで大きくなった椎茸がたくさん採れました。

記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真


キャベツ・ミニキャベツ・椎茸の配分後解散。

記事関連の写真
記事関連の写真


2016年3月5日(土)曇り 報告者:T.T 撮影協力:C.T

今日は朝からどんよりした雲がかかっていたものの、9:00の時点で8℃と割りと暖かい陽気でした。

記事関連の写真


最初の作業は、ジャガイモの植え付け準備です。
半分に切った種イモの断面に腐敗菌が入らないように炭で消毒をします。冬の間、ストーブの残りで出たものを再利用します。

記事関連の写真
記事関連の写真


第二農園に移動し、準備していた畝へ種イモを50センチ間隔で配置し、肥料を加えます。

記事関連の写真
記事関連の写真


そのまま、第二農園で、キャベツの収穫です。

記事関連の写真
記事関連の写真


続いてはシイタケです。
大きくなっているものは収穫をします。さらに原木に水を掛けて、湿気を加えて、次回の収穫に備えます。

記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真


第一農園に戻って、芽キャベツを収穫します。
土曜日グループでは2週間ぶりに収穫しましたが、いいサイズ育っていました。大量です!

記事関連の写真
記事関連の写真
記事関連の写真


最後の作業は畝づくりです。5畝を等間隔で作っていきます。

記事関連の写真
記事関連の写真


ホット一息休憩です。

記事関連の写真


おまけ。
畝づくりをしていると土の中からチラホラ虫が出てくるようになりました。気温と共に、春の訪れを感じさせられます。
さて、そんな中出てきたこの虫? なんという虫でしょうか?

記事関連の写真


正解はハサミムシ。一見どっちが頭か?わかりませんね。
桜の開花も近く春待ち遠しいトコトコ農園でした。それではまた来週。



2016年3月1日(火)晴れ 報告者:H.K

今日から3月。よく晴れ渡った爽やかな朝でしたが、北風が少し強いようです。

記事関連の写真


3月の声を聞くと、いよいよ春野菜のスタートです。早速、ジャガイモの植付け。大きな種芋は2つに切って、切り口に腐敗防止用の草木灰を塗ります。

記事関連の写真


申しわけありません。ジャガイモの植付けに熱中するあまり、写真撮影を忘れてしまいました。土曜日の報告をご期待ください。
今日の収穫は、キャベツ1個だけ。今は一年中でもいちばん収穫のない時期です。

記事関連の写真